FC2ブログ

膝関節痛が痛くて目が覚めた!73,9kg

ひざ関節が痛い

辛いずきずきというかジンジンと言うかしつこいような痛みです。この痛み周期的に来ていますね。

痛みと言うやつは場所はどこであれ嫌ですよね。このひざ関節痛は何が原因で起こり始めたのか分かりません。

ぎっくり腰が治ったと思ったら今度はひざ関節痛です。僕の体は病気のデパートなんです。1つが治るとまた次の病気が住み着いてしまいます。

このひざ関節痛にに効く第三類医薬品を知っています。人間年をとると『どこかしら老化現象で調子が悪くなります』
それは仕方のない事です。

ひざ関節痛の痛みには多く配合しているコンドロイチン補給で軟骨成分の生成を促し弾力性やクッション性の役割をする保水性を高める働きがあります。それが康隆であります。

主に痛みの原因はどのようなものがありますでしょうか?痛みの原因は大きくわけで3つほどあります。

膝関節の軟骨のすり減りなどからくるもの ②筋肉の損傷などからくるもの ③神経の損傷などからくるもの、などになります。

多くは使い過ぎが原因で、やはり年齢からくるものが多いようですね。痛みの原因が様々だから、同じ薬を飲んでも効く人と、効かない人がいるということでしょうか?

そうですね。何が原因で痛いのか、本人でもわからないときがあると思います。でも膝関節の痛みに直接アピールします。

漠然と痛む膝関節の原因に対して、アプローチできるものと違うものを摂取しても効かないか、あるいはその痛みを抑えることは一時的なものになってしまいます。


だからこそ「康隆」は、膝関節の痛みの根本的なところにアプローチできるよう考えた商品となっています。具体的にはどのような成分が、どう働くのか教えてください。

はい。まず「康隆」には、コンドロイチンが医薬品の基準で最大分量となる900mgを1日量に配合しています。

このコンドロイチンは元々私たちの関節に多く含まれている成分で、関節をサポートする弾力性や保水性を高めるとともに、軟骨の生成を促す働きがあります。

その軟骨は、骨と骨との間にあるクッションの役割を果たしていますので、骨がぶつかり合って起こる痛みを改善します。そのコンドロイチンが承認基準最大量の900mg入っているんです。
加齢による膝の痛みは軟骨のすり減りや関節のクッションの役割をしている保水成分の減少によるものです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やっすん

Author:やっすん
1959年生まれ60才。
趣味・ウォーキング。
一日2食、朝、昼はバナナ。
夕飯はたっぷり食べます。
ダイエット体験談!
応援してもらえると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR